トップ >寄付をお考えの方

寄付をお考えの方

  • アートや文化が、あなたに与えてくれた感動や勇気への恩返しをしませんか?
  • 家族の大切な思い出を、アートや文化を支援する個別寄金の形で残しませんか?
  • アーティストになりたかった夢を、若い人の育成に託してみませんか?

アーツサポート関西(Arts Support Kansai/ASKアスク)は、市民の力によって関西のアートや文化をサポートし、育てていくための場です。そこでは市民が自分の意志で寄付をし、自分の好きな分野やジャンル、あるいは団体などへの支援に直接かかわることができます。

手軽に寄付したい/小額から寄付したい

寄金をつくってアートのパトロンになりたい

寄付は8つの分野、それぞれのお財布の中へ入ります 寄付者ごとにお名前などを冠した寄金が設定できます

寄付の種類と個別寄金について

下記8つのジャンルから助成分野が選べます。

①美術・デザイン、②音楽、③演劇、④ダンス、⑤映像・映画、⑥伝統芸能、⑦複合的な文化・芸術活動(生活文化・スポーツも含む)、⑧指定なし

1,000円以上
の寄付

8つのジャンルから助成分野を選べます。5万円未満の場合は、個別寄金は設置できません。

50,000円以上
の寄付

分野指定型の個別寄金が設置できます。個別寄金にご自分の名前などを付けることができます(匿名も可)。
助成先に関してご自分の希望を付与することができます。
(例)能狂言、オペラ、現代美術、小劇場活動、若者の活動など

5,000,000円以上
の寄付

上記、個別寄金の設置に加え、「継続基金」(※1) か「期間基金」(※2)のいずれかの“運用タイプ”が選べます。

遺贈についてはこちら

1.寄付は1,000 円より、1,000 円単位で受け付けます。

2.5万円未満の寄付については、分野指定のみ可能です。

3.5万円以上の寄付については、自分の名前などを付けた個別寄金をつくることができます。

4.500万円以上の寄付については、「継続基金」(※1)か「期間基金」(※2)のいずれかの運用タイプを選ぶことができます。

5.ASKに対して行われる寄付は、個人および法人それぞれ、税金の優遇措置が適用されます。

(※1)元本を取り崩さず運用益だけで助成するもの

(※2)期間を設定しその期間内で元本と運用益の両方で助成するもの。

寄付と公募助成について

公募助成は、みなさまからいただいた寄付をもとに行います。10月頃に翌年度の公募助成金の総額を決め、助成申請を公募します。個別寄金については、寄付者の意向により公募期間が変ることがあります。
アーティスト側からの申請は、個別寄金ごと、もしくは分野ごとに受け付けます。すべての申請は事務局で仕分けられ、評価・審査委員会にて審査されます。その後、運営委員会、理事会の承認を経て、助成先が決定されます。

税の優遇措置について

アーツサポート関西への寄付に対して、下記のように、法人・個人それぞれに税の優遇措置が適用されます。
(詳しくは最寄りの税務署や税理士などにお問い合わせください。)

  • 法人の場合 ・・・・・・次のいずれか少ない金額が損金に算入されます。
    • ・特定公益増進法人に対する寄付金の合計額
    • ・特別損金算入限度額=(資本金等の額x事業年度の月数/12x0.375%+所得金額x6.25%)x1/2
  • 個人の場合 ・・・・・・次の所得控除または税額控除のいずれかが選べます。
    • ・所得控除:寄付額(※1)− 2,000 円=寄付金控除額
    • ・税額控除:(寄付額(※1)−2,000 円)x40%=寄付金特別税額控除額(※2)
    • (※1)年間所得の40%まで(※2)所得税額の25%が限度
    • 個人の場合で税の優遇措置を受けるためには、確定申告を行う必要があります。
      なおその際、寄付の領収書(寄付金受領証明書)の添付が必要となります。
      税額控除を選択される場合は、「税額控除に係る証明書」の写しも必要となります。

  • 遺産寄付(遺贈)の場合 ・・・・・・全額控除