トップ >助成をお求めの方

助成をお求めの方

2018年度「上町台地現代アート創造寄金」助成申請要項

 アーツサポート関西「上町台地現代アート創造寄金」は、上町台地に所在する寺社の存在、その歴史あるいはそこから喚起される様々な要素を、独創的な手法やアート表現によって浮かび上がらせ、アートと寺社とが融合した「芸術的なエリア」の創出に寄与する活動を支援するファンドです。
 2018年〜2021年までの4年間にわたり総額200万円を助成するもので、アート作品の制作、そのためのリサーチ活動、あるいはイベントの開催などを対象に、毎年計50万円を1件ないし2件の活動に対して助成いたします。

word  pdf

募集期間

2018年8月31日 〜 9月30日 当日消印有効

助成対象期間

2018年11月1日 〜 2019年3月31日

助成総額

500,000円(助成件数1〜2件・金額は審査によって決定する)

助成する活動と対象者

上町台地に所在する寺社の存在、その歴史あるいはそこから喚起される様々な要素を、独創的な手法やアート表現によって浮かび上がらせ、アートと寺社とが融合した「芸術的なエリア」の創出に寄与しうる、独創的で新しい視点や価値観を生み出すアートの作品制作、またはそのためのリサーチ活動やイベント等の開催。
助成対象者は関西(※)に拠点を置く個人や団体です。自治体や自治体が設置する団体および豊富な資金を有する民間の企業や団体等は対象外となります。
※関西元気文化圏に準じる(京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県、三重県、徳島県、鳥取県)

審査方法

アーツサポート関西 評価・審査委員(非公表)が審査を行います。

審査基準

1.地域の特性を浮かび上がらせる独創性のあるアート的手法
寺社や歴史などの地域の歴史的背景や風土などを、独創的で、新たな視点や価値を生み出すアート的手法を用いて浮かび上がらせるものであるか

2.実現可能性
資金計画、スケジューリング、作品構想、プロセスなどが十分に考慮されており、実現可能性があるか

応募方法

所定の申込書でお申込みいただきます。
その際、制作される予定の作品コンセプト、作品イメージなどを示していただきます。

@必ず所定の申請書に必要事項を記入してお申込み下さい。
(申請書は下記よりダウンロードしてご使用ください。)

word 申請書(word)  pdf 申請書(pdf)

A必要に応じて申請内容を補足的に説明する資料を添えてください。添付する補足資料はA4サイズで片面10ページまでです。ただしパンフレットや図録など製本されている資料はこれとは別に添付が可能です。
B申請書類は必ず、郵送か宅配便等でお送りください。直接事務局に持ち込むことはできません。
C封筒の表に必ず「ASK助成申請書類在中」と明記してください。
D同一団体・個人からの申請は、原則1件のみとします。
E提出された申請書類は原則、返却いたしませんが、パンフレットや図録など、返却を希望する場合はその旨明記してください。

申請書類

  • 申請書1部
  • 申請の内容を補足的に説明する資料(必要に応じて添えてください)

◆申請された個人情報は、アーツサポート関西に関連する活動以外に使用しません。

送付先
〒530-6691
大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル29階
公益財団法人 関西・大阪21世紀協会内
アーツサポート関西 事務局
Tel: 06-7507-2004
※封筒の表に必ず「ASK助成申請書類在中」と明記してください

審査結果

最終選考結果は申請者に書面で通知します。
選考の経緯等についてご質問に応じかねますのでご了承ください。

助成金の支給

活動が実施されることの確認が出来た時点で支払います。

実施報告書

助成活動の終了日から2ヶ月以内に実施報告書と決算書を提出していただきます。なお、実施報告書および決算書が期限までに提出されない場合は、助成金を還付していただくことがあります。

その他

@アーツサポート関西が派遣する事業評価者に対して、その評価を行うために必要な鑑賞(報告会)等に関して便宜をはかっていただきます。
A助成を受けたアーティスト等と寄付者とが交流するパトロンプログラムにおいて、受入プログラムをご提案いただき、寄付者と交流を図っていただきます。

◆詳細・不明な点につきましては、事務局までお問合せ下さい。
アーツサポート関西事務局(公益財団法人 関西・大阪21世紀協会内)
TeL: 06-7507-2004 Fax: 06-7507-5945 Email: ask@osaka21.or.jp

word  pdf