トップ >寄付をお考えの方

寄付のご協力をお願いいたします

新型コロナウィルスの感染拡大により、多くのアーティストや文化団体が活動の中止や延期などの影響を受けました。アートや文化は、パンデミックの時代だからこそ、私たちに生きる意味を問いかけ、またその喜びを感じさせてくれるとても大切な存在です。
アーツサポート関西は、これまで以上の支援が必要と考え、2021年の秋からの3年間、ウィズコロナの時代に活動に取り組むアーティストや文化団体の方々を勇気づけようと、アートと響き合うたくさんの心をつなぐキャンペーン「HEART & ART」(ハート・アンド・アート)を実施しており、関西の芸術・文化支援のための寄付集め活動を行っています。ぜひともみなさまからの寄付のご協力をお待ちしております。

  • みなさまの寄付はアーティストや文化団体の支援に充てられます ※1
  • すべての支援について寄付者にご報告をいたします
  • アーティストや団体との交流プログラムに参加できます ※2
  • 寄付には税の優遇措置が適用されます 優遇措置の詳細はこちら

※1 寄付から10%が運営費に充てられます。またクレジットカード決済の場合決裁手数料が控除されます。

※2 支援先と交流いただくパトロンプログラムや、アーティストなどを招いた交流会などにご参加いただけます。

今すぐ
寄付をする

使い途をおまかせいただく寄付です。

ウィズ・コロナ時代の活動支援にも充てられます。

クレジットカード払いと口座振り込みが選べます。

寄付

自分だけのファンドを
作って寄付をする

支援する分野や内容を指定して自分だけのファンド(寄金)が作れます(5万円〜)

寄金イメージ 寄付

お金以外で
寄付をする

使わなくなった書籍、コミック、 CD 、 DVD 、ゲームソフト、ゲーム機、ブランドバッグ、スマホ、カメラ、パソコンなどのモノで支援

オンラインでお申込みいただくと玄関まで無料で回収に伺います。

寄付
  • 美術、音楽、舞台芸術、伝統芸能の4分野から、分野を指定した寄付ができます。

    寄付はこちら

  • アーツサポート関西の運営への支援も受け付けています。

    寄付はこちら

  • 相続税が全額免除される遺贈による寄付を受け付けています。

    寄付はこちら

寄付から支援までの流れ
  • 寄付のお支払い・領収書の発行

  • 集まった寄付をもとに公募で助成申請を受け付け

  • 芸術・文化の専門家による審査

  • アーツサポート関西運営委員会および
    関西・大阪21世紀協会理事会において承認・決定

  • アーティストや文化団体への助成金のお支払い

  • 芸術活動の実施
    寄付者と交流していただくパトロンプログラムの実施

寄付の種類と個別寄金について

下記のジャンルから助成分野が選べます。

@美術・デザイン、A音楽、B舞台芸術、C伝統芸能、D指定なし

1,000円以上
の寄付

4つのジャンルから助成分野を選べます。5万円未満の場合は、個別寄金は設置できません。

50,000円以上
の寄付

分野指定型の個別寄金が設置できます。個別寄金にご自分の名前などを付けることができます(匿名も可)。
助成先に関してご自分の希望を付与することができます。
(例)能狂言、オペラ、現代美術、小劇場活動、若者の活動など

5,000,000円以上
の寄付

上記、個別寄金の設置に加え、「継続基金」(※1) か「期間基金」(※2)のいずれかの“運用タイプ”が選べます。

遺贈についてはこちら

1.寄付は1,000 円より、1,000 円単位で受け付けます。

2.5万円未満の寄付については、分野指定のみ可能です。

3.5万円以上の寄付については、自分の名前などを付けた個別寄金をつくることができます。

4.500万円以上の寄付については、「継続基金」(※1)か「期間基金」(※2)のいずれかの運用タイプを選ぶことができます。

5.ASKに対して行われる寄付は、個人および法人それぞれ、税金の優遇措置が適用されます。

(※1)元本を取り崩さず運用益だけで助成するもの

(※2)期間を設定しその期間内で元本と運用益の両方で助成するもの。

寄付と公募助成について

公募助成は、みなさまからいただいた寄付をもとに行います。10月頃に翌年度の公募助成金の総額を決め、助成申請を公募します。個別寄金については、寄付者の意向により公募期間が変ることがあります。
アーティスト側からの申請は、個別寄金ごと、もしくは分野ごとに受け付けます。すべての申請は事務局で仕分けられ、評価・審査委員会にて審査されます。その後、運営委員会、理事会の承認を経て、助成先が決定されます。